仕事を辞めたほうがいいサインを知り、転職への足がかりを作ろう

ご覧いただきありがとうございます。taraionです。

今回は、

仕事を辞めるべきサインって何があるだろう…

辞めたほうがいいと分かったら、次は何をすればいい?

といった悩みを解決していきたいと思います。

この記事を読んでいるあなたは、現状の仕事に対する不満や将来への不安があるのだと思います。

確かに、

このような理由で転職を考えていいのだろうか…

もっと自分の能力を活かせる環境はあるのか…?

といった不安がつきまとっていると、今の仕事に対してもイマイチ身が入りませんよね。

そこで今回は、

私が考える、仕事を辞めたほうがいい4つのサイン

今の仕事を辞めたほうがいいサインを受け取った後、取るべき行動

を書いていきます。

仕事を辞めるべきサインをきちんと受け取り、そこからあなたが新たなキャリアでの成功への一歩を踏み出せることを信じています。

現在の仕事に対する満足度を確認することは、転職を考える上で重要な第一歩です。

あなたが仕事のどの部分に不満を抱えているか?を正直に振り返りましょう。

私が実際に勤務していた会社を辞めたとき

同僚の退職を見届けてきた経験

を踏まえると、以下の4つはあなたが仕事を辞めるべきサインとして頭の中に入れておいてもいいのかなと思います。

自分も頭の中に叩き込んでいます!

①労働環境が合わない

まずは、あなたと今の職場の労働環境が合っているかどうかを見極めましょう。

例えば、

残業が多すぎる

定時の前後で会議や研修が組まれる

休日出勤が頻繁にある

などでワークライフバランスが取れていないと感じたら、転職を選択肢に入れていいと思います。

あなたも、やりたくない・向いていないと感じる仕事に束縛されるのはイヤですよね?

私も、

定時外で会議組むとか、ワークライフバランスもへったくれもない

会社が社員を束縛しようとしすぎだろ!

と、少しずつプライベートが侵食されていくことに恐怖をおぼえたことが転職を考えるきっかけの一つになりました。

②職場の雰囲気や人間関係が悪い

職場や人間関係についても、転職を考えるサインとしては見逃せません。

↑のグラフにもある通り、「職場の人間関係が悪い」ということは転職理由の上位でよく挙げられるものなのです。

私も、

上司の気持ちを察して動いてくれ!

上司の心の納期は早いものです!

などという、いわゆる「察してちゃん」系の人は苦手でしたね…

そのようなことを言われるたびに

こちらはエスパーじゃないのにな…

と思っていました。

関連記事:上司に「察しろ」と言われたら?さっさと離れる準備をしよう!

しかもそういう人に限って、相手が思った通りに行動してくれないときには

なんで○○してくれないんだ!

と怒ったあとに

言われるうちが華だぞ!

といって自分自身を正当化してきた、という経験を私はしています。

「言われるうちが華」「怒られるうちが華」という言葉なんて、相手が自分のやったことを正当化するための言い訳に過ぎません。

ほんと、あの野郎… という気持ちになりましたよ(愚痴)

関連記事:怒られているうちが華は大嘘!幻想から目を覚ませ!

③体調がすぐれない状態が続く

体調を崩して、心身ともに日常生活に支障をきたすようであれば会社を辞めることを考えていいと思います。

私の周りでも、

持病が悪化して、これ以上は難しい…

体調がすぐれず、子育てとの両立が思ったより厳しくなってしまった…

という理由で退職する方を見届けてきました。

私は幸い、体を壊す前に転職という決断を下せましたが、本当にあなたの身体・心の健康が第一です。

普段からの業務による負担が大きくて、

このままだと身体を壊してしまう…

と感じたらすぐに辞めることを検討しましょう。

④将来に疑問や不安がある

4つ目は、

将来、この会社で働き続けることができるだろうか?

と違和感を持ったときです。

もうこの会社で働き続けるのは無理だ

という状況になってからでは遅いです。

一度会社に対して不信感を持ってしまうと、辞めるまでずっと引きずってしまいます。

私も

なんでこんな変な慣習ばかりなんだ!

と思ったときから不信感を持っていたのですが、その後は仕事上いいことがあったとしても

でも、働き続けたらローカルルールに縛られ続けるからなあ…

ということが引っかかって素直に喜べないことが多かったです。

関連記事:一度会社へ不信感を持つと、辞めるまで信用できないだろうという話

「とりあえず三年」という言葉はだいぶ死語になってきましたが、モヤモヤを抱えたまま働き続けたくはないですよね。

下手に我慢を続けると、体調を崩して取り返しがつかなくなる可能性だってあります。

人間関係が合わない

業務量が多すぎる

社風が合わない

とか色々理由はあると思いますが、

ちょっとこの会社で長く働けるか怪しいぞ…?

と思ったときは転職を考えてよいタイミングだと思います。

↑で上げた①~④のうち

2つ以上当てはまるかも…

と思ったら、あなたは転職を考えてもよいでしょう。

しかし、まずは自己分析を行いましょう。

これは、転職において他者に自分をアピールする上で非常に重要だからです。

まず、今までの経験や仕事で身につけたスキルを整理します。

自己分析をやっていくことで

あなたの強みや弱み

仕事上で成し遂げたことについて、課題やそれに対する対策

など、あなたが転職活動でアピールできることが見えてきます。

より具体的な自己分析のやり方については、

自己分析はいらない?やりたいことより○○を探すべきだ!」という記事もぜひご覧ください。

自己分析ができたら、次はそれをアピールするための土台を整えましょう。

職務経歴書や実際の面接では、過去の実績や成果を具体的に挙げ、あなたの能力や価値をアピールポイントとして際立たせることが重要です。

なお、私が実際に初めての転職活動で心がけていた自己PRのやり方については、過去に

未経験でもOK!異なる業種へ転職するためのリアルな話」という記事で紹介しています。

自己分析とアピールの工夫を組み合わせることで、成功への第一歩を踏み出せるでしょう。

この記事では、仕事を辞めるべきサインを4つ紹介し、その後取ったほうがいい行動についても示してきました。

間違っても、スピリチュアルに頼って転職のタイミングを決めてはいけません。

必ずあなたの中で転職を考えるべき信号が出ているはずです。

関連記事:転職の最適なタイミングは、スピリチュアルで決めるな!

もちろん、

辞めたほうがいいサインは分かったけど、一歩踏み出せない…

不安やリスクを減らしたい…

という不安もあるでしょう。

私も初めて転職したときには、

こんな理由で転職していいのかな…?

うまいこと転職理由が思いつかない…

という悩みを抱えていました。

そういうときには、キャリアの専門家によるサポートが非常に有益です。

私の場合、「きづく。転職相談」という有料キャリア相談サービスを頼り、アドバイスを受けることで、自分の強みや改善すべき点を客観的に把握できました。

「きづく。転職相談」では、

転職しようか現職にとどまろうか悩んでいるため、その判断材料がほしい方

転職したいけど自分にできること、やりたいことがわからない方

に対して、最短四週間のトレーニングで転職すべきかの決断や、自力で転職活動を進める力を身につけることができます。

無料相談でも強引な営業はなく、↓の画像のようにあなたがやるべきことをアドバイスしてくれます!

もし「きづく。転職相談」のコーチングを受けるとすれば、専門家の方々の経験から得られるノウハウやアドバイスは、あなたの転職活動を大いに支えてくれるでしょう。

あなたが会社を辞めるべきサインを正しく受け取り、転職活動を通してより適した環境を見つけるためにも、まずは専門家に無料相談してみてもよいのではないでしょうか?

私が実際にコーチングを受けたときの話

ご覧いただきありがとうございます。taraionです。この記事では、もう今の会社辞めたいんだけど、転職の相談って誰にすればいいの?キャリア相談ってめっちゃ金かかるイメージ...といった悩みを解決していきたい[…]