まだ転職サイトに登録してないの?新卒1年目でもまずは登録だ!

ご覧いただきありがとうございます。taraionです。

この記事では、新卒1年目で

もう今の会社辞めたい…

特に転職は考えてないけど、転職サイトに登録しておくべきかな?

と考えている方の疑問を解決していきたいと思います。

結論、入社間もないうちから転職サイトに会員登録すべきです。

会社辞めたいとか辞めることを考えていないとか関係ありません。

実際に新卒1年目で転職しようがしまいが、転職サイトへの登録だけはすべきだと断言します!

新卒1年目が転職サイトに登録すべき3つの理由

ここからは私が考える、新卒1年目だからこそ転職サイトに早めに登録すべきだ!という理由を3点書いていきます。

1年目時点での市場価値を把握できる

最初のメリットは、自分の転職市場におけるだいたいの評価を把握できることです。

特にミイダスでは、実際の市場価値が想定年収によって表されます。

↑私が塾を退職する少し前の市場価値

俺、職種の割に評価されていたのかな…?

というのが正直な感想です。

思ったより想定年収が高くて驚きましたw もっと評価が低いものかと思っていたので。

また、どの転職サイトもスカウトメールを受信する設定にしておくと、新卒入社して間もなくともバンバンスカウトメールが来ますよw

ただし、希望の業界・職種から来るとは限らない…

メールをチェックして「どんな業界・職種からオファーが来るんだろう?」「とりあえずこの求人よさげだからお気に入り登録しておこう」と、現状の自分が必要とされているのはどんな仕事なのか? もし転職する場合、自分はどんな条件の職場で働きたいのか? を棚卸しするという点でも役に立つと思います。

もちろん、

メールが多すぎてウザイんだが…

となれば、設定からメール受信を停止すればOKです!

転職サイトを活用して自己分析だ!

各転職サイトには、診断ツールがついているのも心強いですね。転職が少しでも頭にちらつくのであれば、早めに休日などを使って自己分析をやっておくといいと思います。

ぶっちゃけ、自己分析をちゃちゃっとできることが一番のメリットでは?とさえ思います。

特におすすめなのが、リクナビNEXTの「グッドポイント診断」とミイダスの「パーソナリティ診断」です!参考までに私の結果を晒します。

↑リクナビNEXTのグッドポイント診断結果
↑ミイダスのコンピテンシー診断結果

正直、結構当たっている気がしますw

グッドポイント診断の「冷静沈着」のところでは、元々家族や友人から「淡々としている」「落ち着いている」と言われることは多いと思っていましたし、パーソナリティ診断の「職人気質」の中にある「楽観的」なんか、次の仕事を決めずに退職しても、

まあ、なんとかなるさ

という気持ちを持ち続けることができた点に通じるかもしれません。

>>実際に1年で会社を辞めた話

今回は私の転職活動の中で「特に役に立った!」と思えたもののみ紹介しましたが、他にも各転職サイトに自己分析ツールはたくさんあります。

そして、なんとなく求人を眺めていて、「これはよさげ」と思えた求人をお気に入り登録しておくことで、前述のメールと合わせて転職先に自分が求める条件が出てくるのではないでしょうか。

このように、求人をチェックしたり、診断ツールを使ったりすることで「やってみたい仕事」「やりたくない仕事」が見えてくる部分もあると思います。

また自己分析やるのめんどくさい…

という方も、転職サイトの有効活用で効率化できる側面もあるので是非やってみましょう!

転職サイトに登録したことで、仕事への意識が変わった話

転職活動では、職務経歴書の作成や面接などで

・仕事の経験の中でどのような問題に直面したか?

・問題解決のためにどのような工夫をしたか?

・次の職場では自身のスキル/経験をどのように活かすか?

という点を説明する必要があります。

特に実際の面接では、これら3点を論理的に説明できなければ転職できないなと痛感しました。

裏を返せば、この点を意識して仕事に取り組むことができれば、新卒1年目で転職することも不可能ではないでしょう!

私は当初、就活失敗したこともあって、入社当初は仕事へのモチベーションが上がりませんでした。

しかし転職サイトに登録して、転職活動を意識し始めてからは

何か自分にできる工夫はないだろうか?

このやり方はアピールポイントになりそうだな!

と、今の仕事に一生懸命に取り組むようになりました。

だからこそ、Webマーケティング職に転職できた側面もあると思います。

あわせて読みたい

ご覧いただきありがとうございます。taraionです。最近では、「未経験からWebマーケティング職に転職しましょう!」「未経験からITエンジニア職に転職しましょう!」のような未経験からITスキルを身[…]

新卒1年目だからこそ、早めに転職サイトに登録しよう

今回は、新卒1年目が早く転職サイトに登録すべき理由について書いていきました。

実際に、2022年4月入社の新社会人がdodaに登録した人数は過去最多、データを取り出した2011年と比較して約28倍の登録者数であるとのことです!

その理由について、dodaの喜多恭子氏は

2018年度以降に入社したZ世代と呼ばれる人の「はたらく価値観」は、“1社でキャリアを積み、昇格や昇進を目指す”形から、“転職や副業などを通じ複数社で経験を積み、キャリアアップを目指す”形へと変化しました。…

結果、入社をゴールとせず、中長期的な視点でキャリアを見据える人が増加。情報収集のために早い段階から転職サイトに登録する動きが加速し、登録者が今年過去最多になったと考えられます。…

引用:「新卒入社直後のdoda登録動向」最新版発表 入社直後に新社会人が転職サイト「doda」に登録した件数は、過去最多
~今後のキャリアを早くから考えるZ世代が増加し、登録者は調査開始時期の28倍に~

と述べています。

終身雇用制の崩壊や働き方改革・新型コロナの流行などの影響で、昔ながらの働き方が変わっている今、現職で働く以外の選択肢を早めに持つことが重要だと思います。

そのためには、本格的に転職活動を始める前からの準備が必要不可欠です。いざ本格的に転職に向けて動き出したところで、そのときから準備を始めるのは遅いと私は考えます。

自己分析の一環として、ぜひ転職サイトへの登録から始めましょう!

その中でも、ミイダスでは、希望条件を登録すればすぐに面接オファーが届くので、面接の場数を踏むという点では非常に有効です!

また、リクナビNEXTは8万件以上の求人数がある上に、限定求人が約85%あるので、他の転職サービスと併用する上でも欠かせないでしょう。

>>リクナビNEXTへの口コミはこちらから

この記事が、

新卒1年目で転職サイトに登録するって早い?

仕事辞めたいけど、もう登録しちゃって大丈夫?

と悩んでいるあなたの参考になれば幸いです。

▼転職サイトと転職エージェントが1まとめになったサイトについて

あわせて読みたい

ご覧いただきありがとうございます。taraionです。この記事では、dodaの評判ってどうなの?第二新卒もOKな感じ?エージェントが求職者を選り好みしたりしないよね?といった疑問を解決していきたいと思います[…]

▼リモートワーク求人にこだわりたい!ならこちら

あわせて読みたい

ご覧いただきありがとうございます。taraionです。この記事では、リモートワークの求人を探しやすいサービスってあるかな?ReWorksはどう使うんだろう?といった悩みを解決していきます。ReWor[…]